アセットマネジメント

マンション経営とは?
購入したマンションを賃貸に出して、その収入を住宅ローンの返済に充てて、月々の返済負担を軽くする。そうすることによって住宅ローン完済時にマンションが自分の資産になる。
これが、マンション経営の基本的な仕組みです。もちろん、ローン返済額・手数料などより家賃が多ければ、毎月収入が入ってきます。
マンション経営で大切なのは「立地」
マンション経営を始めるにあたって大切なのはマンションの「立地」です。やはり都心で駅に近いか人気の沿線にある物件は、長き将来にわたって賃貸ニーズが見込め、大きな資産価値を持ちます。
近年、都心のワンルームマンション需要は伸び続けています。都心では大規模開発が数多く行われており、「都心回帰現象」が起きています。
少子高齢化が進み人口が減少する時代であっても、都心部では、単身世帯転入数が大きく増加しているのです。このことからも都心の立地がいい物件を持つことがマンション経営を成功させる大きな要因と言えるでしょう。
ワンルームマンションの必要性は急増中
近年、都心のワンル一ムマンションの需要は伸び続けています。学生や単身サラリーマンをはじめ、セカンドル一ム、個人事業主や法人のオフィスなど、今までよりも幅広い需要も増加してします。

①定住化が進む東京への流入人口

現在、日本の総人口は2008年がピークで、その後減少傾向にありますが、東京都の人口は増加しています。 東京都の人口は、毎年12万人以上の増加を続けています。さらに、東京都への転入超過数は増え、転出者数も減少傾向にあります。これにより、都心の単身者向けのワンルームマンションの需要は高まっています。


(注)各年10月1日現在の人口を基準としています。
(出所)総務省統計局統計調査部国勢統計課「国勢調査報告」「我が国の推計人口」「人口推計年報」より


②単身者世帯数が急増

東京は地方に比べ単身者世帯が集中しています。今後も若年層の人口、単身者世帯数は増加するものと思われます。このことからもファミリーマンションよりもワンルームマンションの需要が高いことがわかります。

貯蓄だけではなく、投資も。安心できる未来をつくるために
定年退職後、年金生活が始まってから不自由ない暮らしができるのか。 実は多くの人が1000万円以上のお金が足りないことが分かっています。 しかし、いきなり収入を上げることは難しいですし、かといって生活費を切り詰めるにも限界がある。

ではどうするべきか。

その答えに投資用ワンルームマンションサービスをご用意しました。 増税によって個人負担が増し、大手企業も大量にリストラをする不安定な世の中で 未来への安心材料のひとつになれば幸いです。